お子さんの学費として 主婦の学生ローン

夫の収入と自分のパート代を合わせても、生活がうまく回らない家庭もあります。特に危険なのはお子さんの学費が捻出出来なくなる時です。食費や交際費などを削りに削っても、学校にかかる費用は学校に通っている間はなくなることがありませんので、常に家計を圧迫します。こうなってしまう前に、主婦として何か手段を考える必要があります。


主婦でも学生ローンを契約出来るのか

お子さんの学費として、学生ローンを組むという方法があります。学生ローンは学生本人が未成年者である場合は保護者が契約をするため、両親のどちらかが契約をすることになります。その際に関わってくることが、やはり返済能力の有無です。専業として主婦をしている方は、残念ながら借入をすることは出来ません。パートなどで収入を得ている方であれば、借入をすることが出来ます。


どうしても借入したい場合は有担保ローン

事情があってどうしても働いていない方がローンを組みたい場合、最終手段としては有担保のローンを組む方法があります。主婦の方で離婚し、現在無収入で働き口を探しているという場合にはこの方法がおすすめです。有担保は無担保と違い、担保を登録する分金利も安く設定されています。フリーローンを学費として割り当て、生活が安定した際に少しずつ返済していきましょう。

キャッシングで賄うという方法もありますが、学生ローンなど大きな金額で借入したい場合にはあまりおすすめ出来ません。キャッシングはあくまでも少額を一括で返済するもので、あまりに大きな金額を引き出してしまうと返済が困難になる可能性があります。大きい金額はローンで計画的に運用していきましょう。