主婦がキャッシングをする際に気を付けたい総量規制について

2010年に改正した法律によって、働いていない主婦の方の借入は難しくなっています。夫の同意を得れば借入をすることは出来ますが、その際に気を付けたいことは、総量規制です。ここでは総量規制をうまく利用して家計を助けるキャッシングをする方法について、ご紹介します。


主婦の方は夫の年収を確認する

まずして頂きたいことは、夫の年収の確認です。夫がどのくらいの収入を得ているかによって、キャッシング出来る金額は変わってきます。主婦でも仕事をしているという方は、ご自身の年収もチェックする必要があります。夫婦で合算した年収で借入金額を計算します。


キャッシングは年収の3分の1の金額まで

現在は総量規制で年収の3分の1までしか借入を行うことが出来ません。これは各家庭での借入金額が無理なく返済出来る額に押さえるためのものです、逆に考えると、この法律のおかげで、首を絞めるような借金地獄に陥ることはありません。年収を計算し、キャッシングはいくらまで出来るのかを計算したら、そのお金をどのように利用していくかを夫婦で考えていきましょう。

総量規制前には夫に内緒で借りようとする主婦の方もいたそうですが、今は配偶者貸付でも夫の同意が必要になりました。明細を届けないようにすることは出来ますが、契約の際には夫にも協力をしてもらう必要があります。総量規制を利用して、キャッシングは少量で抑えるよう心がけましょう。