主婦がキャッシング審査に通るために

働いている方は満20歳以上の方であればどなたでも申し込みが可能なキャッシング。他にも国内在住であることや最終返済時に75歳未満であることなど少し条件はありますが、大抵の方は申し込み後審査に通りキャッシングを利用することが出来るのです。
しかしパート・アルバイトの方や主婦、専業主婦の方も含め申し込みの際にちょっとしたミスをしてしまっているケースがあります。ここではそのちょっとしたミスを無くして審査に通りやすくする方法についてご紹介致します。


・主婦だから受からないという訳ではない

パート・アルバイトの方や主婦、専業主婦の方は収入が不安定であったり収入自体が無いという状態であったりするため、「自分は受かりづらいだろう、審査に落ちてしまいやすいだろう」と心配します。そこでここで落ちても次があるという滑り止め精神が湧き上がり、複数のキャッシング会社に申し込みをしてしまうのです。

ここで問題なのは、同じ期間に複数の消費者金融へ手続き書類を送付してしまっているということ。実はカードローンやキャッシングを取り扱う金融機関は、申し込みをしてきた方の信頼性を確かめるために信用情報機関に情報を送り信頼性をはかります。そこで同時期に複数の金融機関に申し込みをしてしまうと、信用情報照会の際に複数の申請が重なり、他社からも借り入れをする気である人間だとなってしまい信頼性を失ってしまうのです。滑り止めをしたいと思う気持ちはとてもわかりますが、キャッシングなどの申し込みの際には一ヶ所だけに申請をしましょう。


・申し込み書類に間違いがないかしっかり確認する

たかがキャッシングの申し込みだと思うなかれ、されど申し込みなのです。小学生の時のテストでも点が一個足りなかっただけで点数を引かれてしまった痛い思い出があると思います。金融機関の審査も同様で、ちょっとしたミスでもこの人はだらしない人かもしれない、責任感がないから返済を滞らせるかもしれないと減点の対象になります。
審査に通る=テストに合格するというイメージでチャレンジしましょう。インターネットでの申し込みでも無人機での申し込みでも、しっかり誤字・脱字がないかチェックしてから申請ボタンを押してください。

複数の金融機関に申請してしまったり間違いだらけの申込書を送付してしまったり、ちょっとしたミスで自分の審査が通る確率を落としてしまうのです。専業主婦だから受からない、パート・アルバイトだから落ちてしまうという訳ではありません。自分が出来る限りのことをきちんと行い審査に通るように力を尽くしましょう。

<PR>審査から融資まで最短即日のモビット

主婦だからこそやりたい チラシでポイント取得

今は家庭で新聞をとらなくなるところが増えています。最新のニュースはテレビやインターネットで見ることが出来ますし、スマートフォンのアプリの中には無料で新聞を読めるものもあります。主婦の方は新聞とともに確認しているものがありましたね。そう、チラシです。そのチラシも、今はインターネットで確認することが出来ます。


主婦の味方 チラシサイトとは

ご自宅の郵便番号を入力すると、その付近のお店一覧として出てきます。そしてよく行くスーパーなどを登録すると、そのスーパーのチラシをリアルタイムで見ることが出来るのです。今までは朝刊に挟み込まれたチラシを見ながら、特売情報をチェックしていたと思いますが、今はパソコンや携帯でいつでも簡単にチェックすることが出来ます。お出掛け先でも付近のお店を検索すれば、朝刊では得ることが出来ないその土地のチラシ情報を得ることが可能です。ちょっとスーパーに立ち寄りたいと思った時にお得な情報も入るとなると、主婦としてはとても便利ですよね。


カードと組み合わせてポイントを稼ごう

チラシサイトではポイントの機能もついています。チラシを見る度にポイントが貯まり、豪華な賞品と交換をすることが出来るのです。T-ポイントを貯めることも出来るので、クレジットカードやキャッシングのポイントとの合算も可能です。主婦にとってはポイントも家計をサポートしてくれる存在です。大切に貯めて、家族旅行や商品券をゲットしましょう。

チラシでお得な情報をチェックしながらお得なポイントも稼ぐことが出来るチラシのサイト。この機会に是非利用してみて下さい。

借入をした後で主婦が管理することとは

キャッシングやローンで借入をした後には、返済が待っています。どのように返済をしていくのか、大抵のご家庭ではしっかりと計画を立てているでしょう。ですが計画を立てるだけ立てて終わりということにはなりません。借入後の管理が重要なのです。


キャッシングなどの借入には家計簿が必須アイテム

家計簿にレシートに電卓。三種の神器と言っても過言ではないこの三つは、主婦にとっては大切なものであり、壁でもあります。長続きしないからと言わず、まずは家計簿をつけてみましょう。借入をした際には返済の方法も決まっているはずです。一括で支払う場合にはその引き落とし日を記入します。一定額を支払うのであれば、それに返済完了の日も追加して記入します。カレンダーが月ごとに分けて記載されているので、そのカレンダーを利用して一目見て分かるようにしましょう。


家計簿管理は主婦の腕の見せ所

やはり家計簿かと思われた方も多いと思われますが、やはり家計簿なのです。主婦の方がお金を運用していく上での必要条件に、家計簿の管理が含まれます。ですが今はわざわざノートを開いて時間を割いてレシートとにらめっこする必要もあまりありません。スマートフォンをお持ちの方は家計簿のアプリを利用してみましょう。レシートを読み込むだけで一覧として登録してくれたり、ボタン一つで家のパソコンと連動したりする機能もあります。

ただし、便利だからといってただアプリに金額を読ませるだけでは、管理とは言えません。家計簿はあくまでも、自分が今のお金を認識するための道具です。この道具を利用してうまく運用していくことが、主婦の腕の見せ所なのです。

お子さんの学費として 主婦の学生ローン

夫の収入と自分のパート代を合わせても、生活がうまく回らない家庭もあります。特に危険なのはお子さんの学費が捻出出来なくなる時です。食費や交際費などを削りに削っても、学校にかかる費用は学校に通っている間はなくなることがありませんので、常に家計を圧迫します。こうなってしまう前に、主婦として何か手段を考える必要があります。


主婦でも学生ローンを契約出来るのか

お子さんの学費として、学生ローンを組むという方法があります。学生ローンは学生本人が未成年者である場合は保護者が契約をするため、両親のどちらかが契約をすることになります。その際に関わってくることが、やはり返済能力の有無です。専業として主婦をしている方は、残念ながら借入をすることは出来ません。パートなどで収入を得ている方であれば、借入をすることが出来ます。


どうしても借入したい場合は有担保ローン

事情があってどうしても働いていない方がローンを組みたい場合、最終手段としては有担保のローンを組む方法があります。主婦の方で離婚し、現在無収入で働き口を探しているという場合にはこの方法がおすすめです。有担保は無担保と違い、担保を登録する分金利も安く設定されています。フリーローンを学費として割り当て、生活が安定した際に少しずつ返済していきましょう。

キャッシングで賄うという方法もありますが、学生ローンなど大きな金額で借入したい場合にはあまりおすすめ出来ません。キャッシングはあくまでも少額を一括で返済するもので、あまりに大きな金額を引き出してしまうと返済が困難になる可能性があります。大きい金額はローンで計画的に運用していきましょう。

主婦がキャッシングをする際に気を付けたい総量規制について

2010年に改正した法律によって、働いていない主婦の方の借入は難しくなっています。夫の同意を得れば借入をすることは出来ますが、その際に気を付けたいことは、総量規制です。ここでは総量規制をうまく利用して家計を助けるキャッシングをする方法について、ご紹介します。


主婦の方は夫の年収を確認する

まずして頂きたいことは、夫の年収の確認です。夫がどのくらいの収入を得ているかによって、キャッシング出来る金額は変わってきます。主婦でも仕事をしているという方は、ご自身の年収もチェックする必要があります。夫婦で合算した年収で借入金額を計算します。


キャッシングは年収の3分の1の金額まで

現在は総量規制で年収の3分の1までしか借入を行うことが出来ません。これは各家庭での借入金額が無理なく返済出来る額に押さえるためのものです、逆に考えると、この法律のおかげで、首を絞めるような借金地獄に陥ることはありません。年収を計算し、キャッシングはいくらまで出来るのかを計算したら、そのお金をどのように利用していくかを夫婦で考えていきましょう。

総量規制前には夫に内緒で借りようとする主婦の方もいたそうですが、今は配偶者貸付でも夫の同意が必要になりました。明細を届けないようにすることは出来ますが、契約の際には夫にも協力をしてもらう必要があります。総量規制を利用して、キャッシングは少量で抑えるよう心がけましょう。

主婦の方でも安心して借入出来るキャッシングとは

以前は仕事をしていないと借入の手続きが出来ませんでしたが、現在は主婦でパートやアルバイトの方でも、専業主婦の方でも借入をすることが出来ます。夫の収入だけで家計を管理していくことに困難が生じた場合に備えて、今から気になる会社に資料請求しておくことをおすすめします。


仮収入としてキャッシングを利用する

キャッシングと聞くと銀行の口座から預金を引き出している気分になりますが、実際はお金を借りているので自分のお金ではありません。しかし、今の収入をどうしても増やしていけない場合、今運用する現金が必要になります。自分のお金ではありませんが、計画的に利用すればとても良い助け舟になります。クレジットカードだけでは対応出来ない場合に備えて、カードを一枚用意しておきましょう。


主婦は夫に内緒の借入が難しい?

金融業界も規制などで厳しい状況になり、新規の借入に対する審査を厳しくする会社も増えているようです。特に新規で専業主婦となると、以前は身分証明書のみで借入可能だったところが、夫の同意も必要としているのです。

突然現金が必要になる時はありますし、その時に現金が手元にあるかはわかりません。そのためにもキャッシングのように流動的に対応出来るカードが必要になりますが、簡単にはカードを作ることが出来ないようです。一緒に家族を作り上げている夫と相談して計画を立て、その上で安心して借入することをおすすめします。